スレート屋根の特徴やメリットとデメリット

日本の住宅用屋根材として最も使用されているスレート屋根。
スレート屋根の特徴やメリットやデメリット、メンテナンス方法などについてご紹介します。

スレート屋根とは?

スレート屋根とは

 

スレート屋根とは粘土板岩を利用した板状の屋根材で厚さは5mmくらいの薄くて平らなセメントで作られた屋根材です。

スレート屋根は日本の屋根材として最もポピュラーな材料であり建売住宅、注文住宅と幅広く使用されているのがスレート屋根です。

スレート屋根の大きな特徴として「軽い」「薄い」そして耐震性があることです。
材料費としても価格が安いので安価で屋根リフォームを検討している人にオススメです。

スレート屋根材は2種類あります。
「天然スレート」と「化粧スレート」があり天然スレートはコストがかかるので、一般住宅に使用していることは少なく大半のスレート屋根は化粧スレート、いわゆる人工の化粧スレートが使われます。

健康被害を及ぼすアスベストを含む化粧スレートが禁止されたため、現在はノンアスベストの化粧スレートばかりですが平成16年(2004年)以前に建てられた家では石綿(アスベスト)を含む化粧スレートが使われている可能性もあります。

スレート屋根のメリット

スレート屋根のメリット

 

スレート屋根のメリットについてご紹介します。
屋根材を選択する際の参考にしていただければ幸いです

屋根材として最もポピュラーで安い

スレート屋根最大のメリットは「安価で屋根リフォーム」ができることです。
コストが安く抑えれれることと同時に、施工がしやすいので工事費用も抑えることができます。

スレート屋根は薄くて軽い

スレート屋根は1㎡あたり20㎏前後の重量です。
粘土瓦の重量が40㎏ぐらいですのでスレート屋根は約半分の重量です。

屋根材が軽いということは建物に掛かる負荷も軽減されるので、地震発生時の耐震性にも優れてます。

デザインとカラーバリエーションが豊富

スレート屋根のメリットのなかに選べるカラーの多さとデザインが豊富であることが挙げられます。

安価であなたのイメージにあった屋根リフォームがしやすい屋根材であることもスレート屋根のメリットです。

こんな人にスレート屋根はオススメ!

新築住宅から屋根リフォームまで幅広く使用されているスレート屋根は以下のような人にオススメです。

  • できるだけ費用を抑えて屋根リフォームしたい
  • 希望の色とデザインで屋根リフォームしたい
  • 現在の建物が古くアスベストが含まれた化粧スレートを使用している可能性がある

 

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

スレート屋根のデメリット

スレート屋根のデメリット

 

スレート屋根にはメリットが多いですが当然デメリットもあります。
スレート屋根のデメリットは以下の点です。

寿命が短い

スレート材の寿命は10年~20年と言われておりますが、安心して住むためには10年に1度の屋根塗装塗り替えが必要ともいわれている屋根材です。

メンテナンスが必要

スレート屋根は軽い反面「割れやすい」屋根材でもあります。
そのため定期的に点検やメンテナンスを実施することが望ましい屋根材でもあります。

メンテナンスを怠ることで「ヒビ割れ」による「雨漏り」などにも繋がります。

 

スレート屋根よりガルバリウム鋼板屋根がいいって本当?
関連記事

屋根材について調べてみたらガルバリウム鋼板が一番いい!って書いてあったけど本当? ネットではガルバリウム鋼板についての見解が様々でどの屋根材にするのがベストなのか迷う。 ガルバリウム鋼板屋根材について調べているあなた向けに記事をまと[…]

ガルバリウム鋼板屋根のメリットとデメリットについて

 

スレート屋根のメンテナンス

スレート屋根のメンテナンス

 

スレート屋根の寿命は20年と言われていますが、成分の主はセメントですのでメンテナンスが必要です。
定期的にメンテナンスすることでスレート屋根の特性を十分に発揮し維持することが出来ます。

スレート屋根塗装の塗り替えで寿命を維持する

屋根塗装には防水や防錆など重要な役割を果たしています。
スレート屋根塗装のメンテナンスの目安は5年に1度です。

5年に一度は屋根点検を業者に依頼し必要な個所を塗り替えすることでスレート屋根の寿命を維持することができます。

 

スレート屋根材の種類によっては10年ほどでヒビや割れが生じるものもあり、塗装によるメンテナンスが出来ないものもあります。
「パミール」や「コロニアルNEO」などがその一例と言われている屋根材です

 

関連記事

屋根塗装の費用は平米数や坪数で異なり、使用する塗料で料金が変わります。     アクリル塗装 ウレタン塗装 シリコン塗装 フッ素塗装   塗料は①から[…]

【屋根塗装の相場】平米・坪数別の目安

屋根塗装が出来なくなったら「カバー工法」(重ね葺き)

「カバー工法」(重ね葺き)とは今の屋根に新しい屋根材を重ねて葺く工事です。
葺き替えよりも安くスレート屋根のメンテナンスが出来ることがメリットですが、屋根内部に問題が発生している場合は一時しのぎの施工方法と言えます。

結果的に葺き替え工事をする際は余分に工事費用がかかることがありますので、「カバー工法」(重ね葺き)なのか葺き替えなのかは信頼できる屋根塗装業者に相談することを推奨します。

葺き替え

葺き替えすべきタイミングは屋根の雨漏りです。
定期的な屋根の点検や塗装を行う事で葺き替えまでには至らないことが多いのですが、10年以上屋根の点検もせず塗装の塗り替えもしていない状態の屋根の場合、急に雨漏りが発生し葺き替えが必要になることがありますので、やはり定期的な屋根の点検やメンテナンスは必須です。

スレート屋根業者選びの注意点

ガルバリウム屋根施工業者選びの注意点

 

スレート屋根は施工がしやすい屋根材ともいわれてますが業者側に最低限の知識や経験が必要なため、どこに頼んでも同じというわけではありません。
スレート屋根塗装施工業者を選ぶ際は以下の点に注意しましょう。

  • スレート屋根施工の工事実績が豊富である
  • 現地調査に時間をかけてしっかりやってくれる
  • ガルバリウム屋根施工と比較した他の施工方法についての提案がある
  • スレート屋根施工の見積もりは3~4社で取り最終的に1社に絞る
  • 施工完了後のアフターサービスやメンテナンス内容についても確認する
  • 可能であれば現場から近い業者を探す
  • 自分でスレート屋根施工業者を探すことが難しい場合、業者紹介サービスを活用する

スレート屋根リフォーム業者を紹介してくれるサービスを利用する

外壁塗装・屋根塗装の業者紹介サービスヌリカエ

 

リフォーム業界には悪徳業者に騙される人が後を絶ちません。

 

関連記事

はっきり言えることがあります。 リフォームを成功させるポイントは「リフォーム会社選び」です。 一生に何度もリフォームする人はそんなにいませんので「わかわないことがわからない」のではないでしょうか。 残念ながらそんな「わから[…]

リフォーム会社の選び方

こうした悪質な屋根塗装業者に騙されないためにも、屋根塗装の業者紹介サービスを利用することもひとつの方法です。

 

 

屋根塗装の業者紹介サービス「ヌリカエ」とは?

  • リフォーム全般に精通した知識を持ったオペレーターが存在し対応してくれる
  • 業者ではなく第三者として中立の立場でアドバイスをしてくれる
  • どんな些細な疑問質問にも応えてくれる
  • 業者から直接電話がかかってくることがない
  • 優良企業と認定された業者しか加盟できない
  • 審査に通過した優良企業の中からあなたの条件に合った屋根塗装業者を紹介してくれる
  • 紹介して貰ったからといって契約ではない。「検討する」「時期をずらす」「キャンセル」もできる
  • 複数の塗装業者の紹介が可能なので、相見積もりを取り比較することが出来る
  • 補助金や助成金を使って屋根リフォーム費用を安く抑えることが出来るか?対応業者の紹介も可能
  • 火災保険を使った屋根リフォームが可能であるかの相談も可能
  • 屋根塗装業者を紹介して貰ったが断りにくい。。。ヌリカエがあなたに代わって断りの連絡を業者に入れてもらうこともできる

 

外壁塗装・屋根塗装の塗装業者紹介サービスヌリカエ

 

まとめ

  • スレート屋根は安価で屋根リフォームを検討している人にオススメ
  • スレート材の寿命は10年~20年
  • スレート屋根は軽い反面「割れやすい」屋根材であることがデメリット
  • 5年に一度は屋根点検を業者に依頼しメンテナンスすることが必要
  • スレート屋根塗装業者を選ぶ際のポイントや注意点をチェックしよう
  • スレート屋根塗装の実績と評判の良い業者を紹介して貰えるサービスを利用する

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】